fc2ブログ

riccia@blog

R18恋愛小説サイト「riccia」のブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ストレイ・ドッグス @セルフパブリッシング

『ストレイ・ドッグス』
stray_s.jpg
publish セルフパブリッシング
design ヤスミヤ 様
start 2022.11.20
key 短編、ペットプレイ(ソフト)、社会人恋愛
※ ほろ苦、文学フリマ東京出品作品

【あらすじ】

「わたしはご主人様の犬で、ペットで、愛玩動物です――」
その言葉でわたしは犬になる。従順で可愛い、高瀬だけのミサキに。

犬と飼い主――同僚と密かに結ばれた歪な関係は、思いがけず幸福に満ちていた。
しかし溺れるほど心は少しずつ苦しくなっていき……。
ありふれた未来か、それともふたりだけの幸せか。
そのはざまで揺れる、不器用な恋の物語。

 * * *

こちら『飛べない鳥は夜に羽ばたく』に続くセルフパブリッシング2作目となります。
装丁デザインは、ヤスミヤ様(@yasumiyasumi0)にお願いしました!
モチーフは甘いバニラのアイスクリームです。
そして裏表紙には……首輪があったりします笑
毎度おなじみとなりつつあって、お読みいただいた方に胃もたれされないかちょっと心配ですが、
カラメルがかかったバニラアイスみたいな、頬のとけ落ちそうなデザインにして頂けました。

TLのキラキラ表紙ももちろん大好物なのですが、文芸作品にあるような抽象的な表紙も好きで、
今回、ある種の憧れを叶えられたんじゃあないかと思ってます……!

そして肝心の内容ですが、とりあえず文芸じゃないです。
TL……でもなければ、R18……でもない(※あくまで個人的な感覚としては)、
ほろにがな恋愛小説のつもりです。

キーワードはペットプレイ。わんちゃん、です……。
また性懲りもなく……笑

でも、お好きな人にはたまらない一冊になっていると思いますので、
気になった方はぜひぜひお手に取っていただけると光栄です。

紙本_______________________
◆2022年11月20日
文学フリマ東京35、西条彩子さんとの合同ブース《ラブ・フェチ》にて頒布
A6文庫判、60P、頒布価格500円
詳しくはWEBカタログをご覧ください。
⇒イベントは終了しました。お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

◆同日~12月31日までBOOTH通販
匿名配送、頒布価格770円(送料込、全国一律)
詳しくはBOOTH商品ページをご覧ください。

Kindle_______________________
◆2022年11月20日~kindle配信開始。
価格250円(税込)、Kindle Unlimited対象
※ペーパーバック版の販売はありません。
詳しくは作品ページをご覧ください。


それでは、お好きな人のもとに届きますように。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



| お仕事情報 | 19:59 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください @蜜夢文庫

『嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください』
uso.jpg
publish (株)竹書房 / 蜜夢文庫
illust 逆月酒乱 様
start 2022.09.22
key BDSM、幼馴染み再会、社会人
※ 一部微流血、無理矢理

【あらすじ】
「自分を縛って抱いてほしい」――そう婚約者に告げたことで破談となった楓。
トラウマを抱えながらデリヘルのM嬢として働いていたある日、
客として現れた幼馴染みの因幡諒と再会する。

源氏名の「茜」と本名の「楓」。
呼び名を変えられながら諒と過ごす時間が、楓の日々を変えていく。

これはプレイ? それとも現実?
迷えるM嬢と幼馴染みのサディストの想いが交錯する、ラブストーリー。

 * * *

こちらは2022年4月にパブリッシングリンク/らぶドロップスさまより刊行された、
『嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください』を、
紙書籍化に伴い加筆修正したものとなります。

また、表紙および挿絵イラストを担当してくださったのは逆月酒乱先生!
かなり以前ですが先生の担当された他レーベルでの表紙を拝見して以来、
こっそり熱視線を送っていたので、今回お仕事をご一緒できてとても嬉しく思っています。

諒は思わず触りたくなるイイ体に、楓は庇護欲そそる可愛い子にと、
とにかく魅力的な二人に描いて頂きました。

紙派の皆さまにおかれましてはぜひこの機会にお手に取って頂ければ光栄です……!

また重ねてのご案内になりますが、こちら2022年4月にらぶドロップスさんより刊行された『嘘つきたちの遊戯~』とストーリーは同じものです。
ご参考までに相違点を以下にまとめましたので、ご購入の際にはご一読いただけると幸いです。

【らぶドロップス版】
イラスト : スズメ柴 先生
形式 : 電子書籍のみ
文字数 : 約19万3千字
挿絵 : なし

【蜜夢文庫版】
イラスト : 逆月酒乱 先生
形式 : 紙書籍+電子書籍
文字数 : 約17万3千字
挿絵 : あり

字数を削っていない分、らぶドロップス版のほうが完全版といった感じでしょうか。
挿絵が欲しいという方には蜜夢文庫版をおすすめします。

詳細につきましては、各書店HPまたは竹書房HPなどをご覧くださいませ。

↓ 公式 ↓
竹書房TL通信
竹書房HP

↓ 販売書店 ↓
amazon
honto
紀伊國屋書店
楽天ブックス
ebook japan
コミックシーモア
BookLive
など、紙書籍・電子書籍ともに各書店より発売中。

ではでは、蜜夢文庫版「嘘つきたちの遊戯」、どうぞよろしくお願いいたします!

| お仕事情報 | 11:46 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください@らぶドロップス

『嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください』
嘘つきたちの遊戯
publish (株)パブリッシングリンク / らぶドロップス
illust スズメ柴
start 2022.04.21
key BDSM、幼馴染み再会、社会人
※ 一部微流血、無理矢理

【あらすじ】
「自分を縛って抱いてほしい」――そう婚約者に告げたことで破談となった楓。
トラウマを抱えながらデリヘルのM嬢として働いていたある日、
客として現れた幼馴染みの因幡諒と再会する。
それは単なる偶然か、それとも……。

源氏名の「茜」と本名の「楓」。
呼び名を変えられながら諒と過ごす時間が、楓の日々を変えていく。

これはプレイ? それとも現実?
迷えるM嬢と幼馴染みのサディストの想いが交錯する、ラブストーリー。

 * * *

こちらは『嘘つきたちの遊戯』としてサイト公開していたお話を加筆修正したものとなります。
サブタイトルは、サイト公開時に使用していたキャッチを採用して頂けました。

ちなみに、こちらの第1話をサイトにアップしたのが2010年4月24日。
おどろきの12年前のことでした。
『アブノーマル・スイッチ』、『侵蝕する愛』、そして今回の『嘘つきたちの遊戯』と、
すでに公開していたお話を改稿してのお届けが続いており、
とても心苦しく思っているところですが、
いまの自分にできる精一杯の力で作品づくりにあたらせて頂きました。

また商業作品となることで、
まだ出会ったことのない読者さまとのご縁にも恵まれると嬉しいなと思っています。

そしてそして今回イラストを担当して下さったのは、スズメ柴先生。
デリヘル嬢で、SMで、首輪とかご主人様とか言っちゃってて、
さぞ難儀な注文だったのではないかと……。
そんな中、とても丁寧にご対応いただき、ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。
十二年ものあいだ文字としての存在だった諒と楓の二人を、
こうして人の姿にして頂くことができました。

古くから読んでくださっている方ともお話したのですが、
「二人とも大きくなって……」と謎の親戚のおばちゃんみたいな感情を抱きました笑

いわゆるティーンズラブとして、
もしかしたら正しくないヒーロー&ヒロイン、そしてストーリーかもしれません。
それでも、好きと思ってくださるどなたかのところに届けばいいなと思っています。

ではでは、電子書籍となった『嘘つきたちの遊戯 息もできないほどの愛をください』、
どうぞよろしくお願いいたします!

↓ 配信サイト ↓ 配信開始日:2022.04.21
Amazon
honto
コミックシーモア
Renta!
BookLive
など、各社電子書籍配信サイト様より配信。

| お仕事情報 | 17:54 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

『嘘つきたちの遊戯』電子書籍化のお知らせ

少しまたご無沙汰しておりました。
すっかり桜吹雪の季節になりましたが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。
もう一年の四分の一が終わっちゃった……と、先月末は愕然としましたが、
新年度はまだまだこれからと頭を切り替えて頑張っていきたいと思います!

さてさて、本日はひとつお知らせがあり出て参りました。
現在、ムーンライトノベルズおよびエブリスタにて公開中の『嘘つきたちの遊戯』について、
パブリッシングリンクさまのらぶドロップスより電子書籍として配信して頂けることとなりました。

改稿版として公開していたものを、さらに手直ししての配信となります。
完全新作……ではないのがとても心苦しいところですが、
それでも、いまの自分にできる精一杯の力を出せたんじゃあないかと……。

なんにしても、「いつか、なんらかの形にできたら」と思い続けていたお話なので、
こうしてお知らせすることができて大変うれしく思っています。

配信日は4月21日(木)からとなります。
また、それに伴い、投稿サイトでの掲載は
4月15日(土)23時59分にて終了とさせて頂きますので、
ご了承いただけますようよろしくお願い申し上げます。

ちなみに……個人サイトの過去の更新履歴を見てみたところ、
第1話の公開が2010年4月24日でした。
かれこれ12年。
とてもとても長いあいだ、本当にありがとうございました。
そして、改めて、電子書籍版をお手に取って頂ける機会がありましたら幸いです。

表紙イラストや詳細など、また追ってお知らせできればと思います。
まずは電子書籍化についてと、公開終了日のお知らせまで。

季節の変わり目、さらに新年度や新生活と、体調をくずしやすい季節です。
みなさまもどうぞお体ご自愛くださいませ。
ではでは、また!

| お仕事情報 | 14:39 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛べない鳥は夜に羽ばたく @セルフパブリッシング

『飛べない鳥は夜に羽ばたく』
tobenai_kindle_hyousi.jpg
publish セルフパブリッシング
start 2022.02.14
key 社会人
※ ほんのり緊縛

【あらすじ】
〝それ〟は絆を結ぶもの――。
ひと知れぬ寂しさを抱えた大人たちの、ほろ苦い夜の物語。


頭数合わせの合コン会場に向かう途中、夜の銀座で道に迷った私は、とある店の前を通りがかる。
店の名は『8Knot(エイトノット)』。
大きな花束が運び込まれるその店の様子を覗いていると、一人の男性から声をかけられ――。

「そこの店で今からショーがあるんですよ」
「ショー?」
「ええ、緊縛の」

思いがけず足を踏み入れることになったフェティッシュバーで、〝私〟が目にしたものとは――。

 * * *

コラボ企画『ふぇち屋』について

2017年、ある二人の著者がそれぞれ緊縛にまつわる小説をWeb上に公開しました。
『イヴのめざめ』(第11回らぶドロップス恋愛小説コンテスト読者賞受賞作)/谷崎文音著
『女王のレッスン』(第5回官能小説コンテスト優秀賞受賞作)/西条彩子著
(タイトル順、敬称略)
そして2020年、時期を同じくして緊縛をテーマにした作品を書いたという縁をもとに実施されたのが、コラボ企画『ふぇち屋』となります。

企画内にて書き上げられた作品、『乳と蜜の流れるところ』/谷崎文音著、および『追憶と未来の交わる場所で』/西条彩子著では、二人の著者がそれぞれ独自に築いてきた〝イヴシリーズ〟および〝女王シリーズ〟の作品世界を舞台に、双方の登場人物たちが交流していきます。
そして本作『飛べない鳥は夜に羽ばたく』は、そんな二つの世界が重なった場所に主人公が足を踏み入れていく形で進んで参ります。

いずれの作品も、単独でお読みいただけるようになっております。
時系列などを気にされることなく、お気軽にお読みいただければ幸いです。

※本作品は、小説投稿サイト「ムーンライトノベルズ」および「エブリスタ」にて公開していた作品を電子書籍化した、セルフパブリッシング作品となっています。
※作者以外の編集・校正作業を経ていないため、ぱっと見で商業作品との区別がつくよう「三穂かのこ」名義で出させていただいています。

↓ 電子書籍およびペーパーバック ↓ 発売日:2022.02.14
Amazon

| お仕事情報 | 14:02 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

蜜夢文庫さん5周年

なんだかあっっっという間に5月が終わろうとしていますが、
みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

こちら、三月からの引きこもり生活ですっかり浦島状態です。

改稿版の「嘘つき」も更新が滞ってしまい申し訳ない限りなのですが、
今日はひとつお知らせをさせてくださいませ。

というのも、いつもお世話になっている蜜夢文庫さんが、
このたび創刊5周年を迎えられました!
おめでとうございます~!

これを記念して、対象作品ご購入の方に
書き下ろしSSリーフレットがプレゼントされるフェアが開催されます。

ありがたいことに、去年の「アブノーマル・スイッチ」に続いて
今年は「侵蝕する愛 通勤電車の秘蜜」のSSを書かせて頂きました。

とても短いものではありますが、
そのぶん、スキモノなりに好きに書かせて頂きました。
本編その後のラブシーンです。タイトルは「秘する花」。

ちなみに、
去年のアブノーマルスイッチのSS「サディスティック・カウント」のときは
4周年にちなんで「4」を匂わせたつもりだったのですが、
今年は「5」を、ひっそりこっそりと入れてみました。
(これも匂わせ程度ですが)

機会がありましたら、ぜひぜひお手に取って頂けると光栄です。

フェアの詳細につきましては、蜜夢文庫さんの公式ブログをご覧ください↓
このご時世ですので、大声でゼヒ! とは言いづらいものがありますし、
気軽に本屋さんへゴーとはならないかもしれませんが、
お近くにお立ち寄りの際には探してみてもらえると嬉しいです。

↓蜜夢文庫さん公式ブログ↓
http://mitsuyume.blog.fc2.com/

ではでは、どうぞよろしくお願いいたします~。

| お仕事情報 | 15:26 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

蜜夢文庫さん4周年記念

さてさて、いつもお世話になっている蜜夢文庫さんが、
このたび創刊4周年を迎えられました(*'ω'*)

おめでとうございます~!

これを記念して、
対象作品ご購入の方にSSリーフレットプレゼントとのこと!

ありがたいことに拙作「アブノーマル・スイッチ」がフェア対象作品となっておりまして、
短いものではありますが、SSを書かせて頂きました。

なんと、ここへきて初めての藤澤視点です。

これまでずっと、いつか藤澤視点のなにかを書きたいと思っていたのですが、
お馴染みの体たらくで叶えられずにおりました。

が、こんなおめでたい場で機会に恵まれるなんて。
とても嬉しく思ってます。

また、リーフレットプレゼントとは別に、
電子対象作品の割引キャンペーンもあるようです。

フェアの詳細につきましては、蜜夢文庫さんの公式ブログをご覧ください↓
実施店がお近くにある方は、ぜひお立ち寄りくださいませ~。

http://mitsuyume.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

また、コミコミスタジオさんには特設ページが開設されています↓
こちらだと、通販で購入できるのかな。

https://comicomi-studio.com/fair/mitsuyume_4th/


いずれにしても数に限りがあるようですが、
お手に取って頂けると幸いです。

ではでは、どうぞよろしくお願いいたします~!

| お仕事情報 | 00:12 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

侵蝕する愛 通勤電車の秘蜜 @蜜夢文庫

『侵蝕する愛 通勤電車の秘蜜』
侵蝕する愛
publish (株)竹書房 / 蜜夢文庫
illust 天路ゆうつづ
start 2019.03.22
key 社会人恋愛
※ 痴漢、純愛、ほんのりM

【あらすじ】
通勤電車で痴漢に遭った菫。満員の車内で、自分の体に触れる指先に戸惑いながらも、いつしか溺れ、毎朝その時を心待ちにするようになる。

ある日、男から「電車ではない、別の場所で会おう」と言われ――。

恋人でも、体だけでもない微妙な関係。痴漢がきっかけで出逢った二人の純愛ストーリー。

 * * *

こちらの作品、もともとはサイト上で公開していた「インプリンティング」という短編でした。
それをご存知の方が、今どれくらいいらっしゃるだろう(笑)
更新履歴を見ると、2008年11月にUPとありました。
もう十年以上前です。

私にとってはこのお仕事の扉を開ける鍵になってくれた作品なので、もちろん思い入れがあります。
当時のカバーイラストから、一度リニューアルされているので、
今回で三度目のお色直しという感じでしょうか。

結婚式でも三回お色直しすれば、かなりの豪華さですよ……!

なんだか自分、
「アブノーマルスイッチ」といい、今回の「侵蝕する愛」といい、
リニューアルというか、そういうものに縁があるのかも知れません。
(単に元々の作品が中途半端に短いせいでもある)

いずれにしても、作品の形が変わることで、
これまでとまた違う読者さんとの出会いにも恵まれたら嬉しいなと思っています。

今回は天路先生に表紙と挿絵を描いて頂きました。
痴漢で、純愛で、TLで、ときめく雰囲気で……と、
矛盾だらけの難しさがあったんじゃないかと推察しております。

表紙、これまでにないしっとり青系統です。

密やかな空気、それにあやしい背徳感の漂う美しいイラストを添えて頂き、ありがとうございました!!
この場を借りてお礼申し上げます。

ではでは、蜜夢文庫版「侵蝕する愛」、どうぞよろしくお願いいたします!


※電子書籍版『侵蝕する愛 ―その指先に溺れて』を大幅加筆修正。
(もとは文庫約200頁でしたが、今回加筆したため、約260頁となっています)
もちろん挿絵も入っております。

繰り返しになりますが、
らぶドロップスさんから配信されている「侵蝕する愛―その指先に溺れて」と、今作は同じ作品です。

ただ、ほぼ全編に渡って書き直した上に加筆しているので、
電子書籍版からはかなり印象が変わっていると思います。

お手に取って頂く機会がありましたら、その点に気を付けてもらえたらと思います('ω')ノ

↓ 実本販売 ↓ 発売日:2019.03.22
全国書店様
Amazon
honto など

※蜜夢文庫版の電子書籍(挿絵あり)も、各社電子書籍配信サイト様より配信されます。

| お仕事情報 | 14:06 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

「侵蝕する愛」書籍化のお知らせ

このたび、「侵蝕する愛―その指先に溺れて」が紙の本となって刊行されることになりました。
アブノーマル・スイッチ」に続き、蜜夢文庫様での二作目となります。

……ええ、そうなんです、新作じゃないんです。
ないんです、が、個人的にとても感慨深いものがありまして。

というのもこの「侵蝕―」が、私にとって一応デビュー作でして、
それが書籍に変身するとなると、やはり、嬉しいです。

こちらのお話、もともとはサイト上で公開していた「インプリンティング」という短編でした。
かれこれ十年前のことです。
その後、パブリッシングリンク様で電子書籍化して頂くことになったのが2010年。

あれからもう八年。

途中、数年お休みを頂いたのち、2017年に活動再開したわけですが……。
正直なところ、2017年は嵐のように過ぎ去った一年でした。

「ゼロからまたスタートしよう」と意気込んでいたものの、
始まってみればゼロどころかマイナススタート。
時間も余裕もない毎日で、ともかく焦ってばかりいました。

そんなところに舞い込んだのが、この書籍化のお話でした。
去年の春頃だったと思います。

なんとなく、ようやくスタートラインに戻れたような気分でした。
ゼロかイチくらいにはなってるよと、
タイミングの神様に言ってもらえたような感じ。

あれからまた早一年。
こうして告知が出せて本当にほっとしております。

今回、全編に渡ってかなり加筆修正をしたため、
電子書籍版とはだいぶ印象が変わっているんじゃないかなと思います。

読んだことのない方にも、読んだけどもう忘れたわ~という方にも、
お楽しみ頂けますように。

発売は3月22日(金)予定。
詳細はまた追ってお知らせしますね~!

| お仕事情報 | 16:15 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミック版「アブノーマル・スイッチ」 刊行について~

あっという間に12月ですが、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

ちょっとばかりご報告が遅れましたが、このたび、ひのもとめぐる先生作画によるコミック版「アブノーマル・スイッチ」単行本が刊行されることとなりました。
というかすでに発売されております。

『アブノーマル・スイッチ ―誘惑の誤算』
アブノーマルスイッチ上
↑上巻…電子配信1~7話を収録。
↓下巻…電子配信8~14話(最終話まで)を収録。
アブノーマルスイッチ下
publish (株)オークラ出版
start 2018.11.26
author ひのもとめぐる先生

表紙にある縄のシルエット、上下巻でSとMになるようですよ…!
なんて粋なはからい。
背中合わせの構図も、すてき。
さぐりさぐりの不器用な二人の関係があらわれているようです。

コミカライズして頂けたことで、芽衣の花開いていく様子が手に取るように感じましたし、
藤澤くんはより人間臭くカッチョイイ男になりました。
こんなに長くみなさまに楽しんでもらえて嬉しく思っています。
ひのもと先生、読者のみなさま、本当にありがとうございます。

お手に取っていただける機会があれば、なお光栄です^^
ところによってはひのもと先生によるおまけペーパーも封入されている模様。
ひのもと先生公式ブログ

続編にあたる「仰せのままに」もコミカライズして頂いています。
こちらは電子での配信ですが、あわせてよろしくお願いいたします~。

| お仕事情報 | 09:57 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT