fc2ブログ

riccia@blog

R18恋愛小説サイト「riccia」のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

飛べない鳥は夜に羽ばたく @セルフパブリッシング

『飛べない鳥は夜に羽ばたく』
tobenai_kindle_hyousi.jpg
publish セルフパブリッシング
start 2022.02.14
key 社会人
※ ほんのり緊縛

【あらすじ】
〝それ〟は絆を結ぶもの――。
ひと知れぬ寂しさを抱えた大人たちの、ほろ苦い夜の物語。


頭数合わせの合コン会場に向かう途中、夜の銀座で道に迷った私は、とある店の前を通りがかる。
店の名は『8Knot(エイトノット)』。
大きな花束が運び込まれるその店の様子を覗いていると、一人の男性から声をかけられ――。

「そこの店で今からショーがあるんですよ」
「ショー?」
「ええ、緊縛の」

思いがけず足を踏み入れることになったフェティッシュバーで、〝私〟が目にしたものとは――。

 * * *

コラボ企画『ふぇち屋』について

2017年、ある二人の著者がそれぞれ緊縛にまつわる小説をWeb上に公開しました。
『イヴのめざめ』(第11回らぶドロップス恋愛小説コンテスト読者賞受賞作)/谷崎文音著
『女王のレッスン』(第5回官能小説コンテスト優秀賞受賞作)/西条彩子著
(タイトル順、敬称略)
そして2020年、時期を同じくして緊縛をテーマにした作品を書いたという縁をもとに実施されたのが、コラボ企画『ふぇち屋』となります。

企画内にて書き上げられた作品、『乳と蜜の流れるところ』/谷崎文音著、および『追憶と未来の交わる場所で』/西条彩子著では、二人の著者がそれぞれ独自に築いてきた〝イヴシリーズ〟および〝女王シリーズ〟の作品世界を舞台に、双方の登場人物たちが交流していきます。
そして本作『飛べない鳥は夜に羽ばたく』は、そんな二つの世界が重なった場所に主人公が足を踏み入れていく形で進んで参ります。

いずれの作品も、単独でお読みいただけるようになっております。
時系列などを気にされることなく、お気軽にお読みいただければ幸いです。

※本作品は、小説投稿サイト「ムーンライトノベルズ」および「エブリスタ」にて公開していた作品を電子書籍化した、セルフパブリッシング作品となっています。
※作者以外の編集・校正作業を経ていないため、ぱっと見で商業作品との区別がつくよう「三穂かのこ」名義で出させていただいています。

↓ 電子書籍およびペーパーバック ↓ 発売日:2022.02.14
Amazon
スポンサーサイト



| お仕事情報 | 14:02 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ricciablog.blog.fc2.com/tb.php/249-21266bc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT