fc2ブログ

riccia@blog

R18恋愛小説サイト「riccia」のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

文学フリマ東京に参加して

先日、東京流通センターで開催された文学フリマ東京に、初めて参加してきました。
行ったこともないくせに出品するという、ちょっと無謀な挑戦をしたわけですが、結果的にとても多くのものを得ることができたんじゃないかなと思ってます。

コロナもあり、イベントに行くこと自体が難しいご時世ですが、歴代2位の入場者数だったとか。

今回、ちょうど目の前に児童書のエリアがあり、小さなお子様もいらっしゃったりしたので、あんまり「緊縛小説でーす」と言うのも良くないなあと控えめにお声がけさせて頂いたのですが、ふと足を止めて下さる方も多く、実際にお買い上げいただくこともできました。

初めましての方ももちろんいらっしゃるなか、サイト時代からご覧になって下さっている方が遊びに来てくれたり、既刊本を持っていると仰ってくれる方もいて、これまで画面を介してしかお話できずにいた方々へ直接「ありがとう」を伝えることもできました。

また、私はこれまで本を出して頂きながら、その本を作る大変さやありがたみを分かっていなかったと知ることができました。
一度やっただけで分かった気になるのは違うと思いますが、少しは裏側を見ることができたかな、と。

初めてその場に行ったのもあって、特に印象的だったのが会場内の濃密な空気感。
そこにいる人の数だけの、「好き」がぎゅっと詰まっているようでした。
それだけにどのブースも作品も魅力的で、時間の制限がなかったらもっともっとたくさんの本をお迎えしていたと思います。

一日、そんな場所で過ごしたからでしょうか。
私自身、今回はいつもどおり恋愛小説での参加でしたが、正面にあって見続けていた児童書なんかも書いてみたいと思ったりもしました。おなじみのTL風味の作品を見ると、やっぱりロマンチックなお話が好きだと再認識したり。純文学や一般文芸、短歌や俳句なんかもおもしろそうだなー……なんて、ともかく「あなたも好きにやっていいんだよ」と背中を押してもらえたような気がしました。

今回の文フリは東京開催でしたが、だからといってどなたにとっても身近なイベントとは限らないと思います。
にもかかわらず、Twitterでは関連のツイートへのいいねやRT、温かいメッセージをありがとうございました。

また、5月に猛暑日というお出かけには不向きな日にブースまで遊びに来てくださった方、通りすがりに展示物に興味を持ってくださった方、お隣のブースにいて心強さをくれた西条さん、そして実際に本を手に取ってくださった方にも、心からの感謝を申し上げます。
みなさま本当に、ありがとうございました!

今回、リアルイベントに参加したいという数年来の願いが叶って、なんだか一区切りついたような感じがしています。
(いえ、もちろん申込みをすれば参加できるんですよ?? ただその勇気がなかなかなくって……)

今はまだ、心にも体にもほんのりと筋肉痛が残っていますが(笑)
また心機一転、もろもろ頑張っていきたいと思います。

変わらずののんびりペースだとは思いますが、ゆんるりとお付き合い頂けると嬉しいです。

梅雨が近づいてきて、体調を崩しやすい季節だと思います。
みなさまもどうぞ、ムリセズガンバルモードでお過ごしくださいませ。

ではでは、また!
スポンサーサイト



| ブログ | 17:24 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ricciablog.blog.fc2.com/tb.php/256-09eb4778

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT